ブログ

最新情報
2021年06月02日

規格4.1項(組織及びその状況の理解)

規格4.1項(組織及びその状況の理解)及び4.2項(利害
関係者のニーズ及び期待の理解)について、不必要かつ
重いプロセスを構築して、運用が形骸化している事例が
散見されます。
以下に「ISOTS9002を用いたISO9001:2015研究報告書」
(JACB品質技術委員会)の一部を抜粋し引用し、注意
喚起したいと思います。

 

1.2 「組織の目的及び戦略的な方向性」に関して
「組織の目的及び戦略的な方向性に関連し」というISO
9001の4.1の文節が「明確にしなければならない」に繋
がるように読まれ、明確にするための組織の目的や戦略
的方向性も求められているように考える人もあるかも
知れない。しかし、この箇条文をもう少し原文の意図を
理解しやすい日本文に変換すると、「組織は、組織の
目的や戦略的な方向性を考える際に組織を取り巻く外部
や組織の内部の状況を考えなければならないし、同時に、
外部や組織の内部の状況は組織の品質マネジメント
システムの意図した結果を達成する組織の能力に影響を
与えるので、外部及び内部の課題を理解することが必要
である。」と言うことになり、ISO9001の4.1では
組織の目的や戦略的方向性を明確にすることを要求して
はいないことが分かる。

 

1.4 内部の課題、外部の課題の決定はマネジメントシス
テム構築のための基礎情報Annex SLのコンセプト文書
では…
つまり、内部及び外部の課題はマネジメントシステム
を計画するための基本のインプット情報であって、
マネジメントシステムの一部ではないということである。
プロセス(仕組み)の要求も文書化の要求もないのは、
トップマネジメントに要求される情報の決定で、プロ
セスで対応する活動ではないからと考えられる。

 

1.5 意思決定者を必要とする「明確化」
TS9002には、ISO9001の注記2、3を分かり易くしたa)、
b)の記述を置いている。一見すると事業管理上の課題を
挙げているように見受けられるが、TS9002が意図して
いるのはそうではない。a)、b)に挙げられている要因か
ら顧客要求事項及び適用される法令規制要求事項を満た
した製品又はサービスを一貫して提供することに障害と
なるような課題を考えてみることができるかも知れない
と言っているのである。
決して、事業管理上の課題を考えることを意味している
のではない
(ここまで抜粋引用)

 

多くの組織では、課題や利害関係者のニーズ・期待は
ISO云々以前にすでに決定されていると思います。

COPYRIGHT © YUZAWA ISO consulting Office ALL RIGHTS RESERVED.