ブログ

最新情報
2016年12月28日

2015年版対応マニュアル

2015年版規格ではISO9001、ISO14001共にマニュアル
作成の要求事項はありませんが、組織様の判断で
マニュアルを作成することもあるでしょう。
その場合の留意点を述べたいと思います。

ISO9001:2015の0.1一般には、以下の表記があります。
・この規格は、次の事項の必要性を示すことを意図したもの
ではない。
-様々な品質マネジメントシステムの構造を画一化する。
-文書類をこの規格の箇条の構造と一致させる。
-この規格の特定の用語を組織内で使用する。

端的に言いますと、規格要求事項をそのまま写したような
マニュアルを作成するのではなく、事業プロセスとの統合を
目指すべきであるということです。

作成されるマニュアルは、規格の章立てや、用語に合わせる
必要はないのです。

組織様の戦略的方向性や目的に適った内容、事業プロセス重視、
日常使用されている言葉で作成することが望ましいでしょう。

COPYRIGHT © YUZAWA ISO consulting Office ALL RIGHTS RESERVED.