ブログ

最新情報
2018年07月15日

ISO45001とOHSAS18001

ISO45001は、世界初の労働安全衛生を扱う国際規格であり、
OH&Sのパフォーマンス改善を望んでいる組織のための、
ただ1つの明確な枠組みを提供する規格です。

これまでのOHSAS18001は、OH&Sのハザードや他の内部の
問題を管理することに焦点を合わせていますが、ISO45001は、
組織とビジネス環境の相互作用に焦点を合わせていることが
主な変化です。2規格はまた、以下のように異なります。
・OHSAS18001は手続きベースであるが、ISO45001は
プロセスベースである。
・OHSAS18001はただリスクだけを扱うが、ISO45001は
リスクと機会を考慮する。
・OHSAS18001は利害関係者の見解を含まないが、ISO45001
は含む。

ISOマネジメントシステム規格に共通の枠組(共通テキスト)は
新らしいマネジメントのトピックを、組織の既存のマネジメント
システムに統合するのを容易にするために慎重に開発されました。

ISO45001は、ISO14001にかなり同様な規定を持っているし、
また、それらを正しく実行するなら、受ける恩恵は尽きることが
ないでしょう。

なお、OHSAS18001からISO45001への移行には、3年間の移行
期間が設けられています。

COPYRIGHT © YUZAWA ISO consulting Office ALL RIGHTS RESERVED.